第3回勉強会の様子&強化会議についてのお知らせ

こんにちは! お久しぶりです。

早速、更新の期間が空いてしまいました…(汗)

というのも、広報担当者である私がテストに追われていたせいです。

ようやくテストも終わりましたので、第3回勉強会の様子をお伝えしていきたいと思います。

 

第3回勉強会(2017年1月19日)

2017年1月19日に開催された第3回勉強会のテーマはズバリ! 「国際政治を知ろう」でした。

模擬国連の舞台となる国際政治をより深く理解できるようにまずは国際政治の基礎から知る必要があるということでこのようなテーマで勉強会が催されました。

現在の旧メンである35期のメンバーには、まだまだ国際政治をよく知らない人が多いのでピッタリなテーマです。

いつも35期に必要なものを考え、それにそって勉強会を作ってくれる研究の皆さんには感謝しています。

 

この日のプレゼンテーターはなんと35期研究ではなく! 34期研究の先輩にしていただきました。

これから何回かシリーズ化されて行われる予定の「先輩に聞いてみよう」第1弾です。

国際政治の基礎の基も知らない私のような人でも理解できるように、わかりやすい例えと明確な説明でお話してくださいました。

終わった後にはなんとなくですが、国際政治についておぼろげな輪郭を掴んだ人も多かったのではないでしょうか?

かくいう私もなんとなくではありますが、理解が深まったような気がいたしております。

そして、この日も楽しい楽しいグループワークが行われました!!

第3回勉強会ではグループワークを2度行い、1度めは「東京でオリンピックを開催すべきか否か」というテーマ、2度めは「鍋に入れる具材決め」というテーマでディベートを行いました。

 

1度めに行った「東京でオリンピックを開催すべきか否か」というディベートでは、東京側(日本側)とその他側(国は決まっていない。東京オリンピック開催を反対している)に分かれ、お互いになぜ東京でオリンピックを開催すべきなのか? すべきでないのか? という論点で議論を交わしました。傍聴されていた34期の先輩から終了後、「ロジックがガバガバだった」という厳しいお言葉を頂きましたが、同時に「~~という点では良かった」というようなお褒めのお言葉も頂きました。このディベートの特筆すべき点は、合意を形成する必要がないということです。お互いが自分の意見の長所を言い、相手の短所を攻めるという動きのディベートでした。

 

2度めに行った「鍋に入れる具材決め」のディベートでは、鍋に入れる具材を決めたい・入れる具材は4つまで・一人一人案を出す・具材を4つに絞れなかった場合、鍋なしという条件下で行われました。1度めのディベートと違い、合意を形成することが目的のディベートです。最初の具材案では、白菜・ネギ・豆腐・タラ・牛肉・肉まん・イワシのつみれ・パクチーという案が出されました。途中までなかなか具材を4つに絞りきれず、あわや鍋なしの危機となりましたが、議論の結果、白菜・ネギ・豆腐・ロールキャベツという4つの具材で合意することができました。

 

まるで模擬国連に関係ないようなテーマのディベートですが、実は特に2つめの合意を形成するということが目的のディベートは非常に模擬国連らしいと言えます。というのも、会議においてほとんどの場合、最も大きな目的は会議の成果文書を提出することにあるからです。成果文書というのはコンセンサス(全体合意)を取って提出したり、採択(投票)にかけて過半数以上の賛成で提出したり、と様々な提出方法がありますが、大事なのはある程度の合意がない場合、出せないということです。つまり、模擬国連の会議のほとんどは目的が他国と協力し妥協しつつ合意を形成することになるのです。自分の信念を通し続けるだけでは成り立たないのが難しいところです。今回のような合意形成を目的としたディベートでは、自分の意見を曲げないことは良いだけではないということを学ぶ機会でもありますし、同時に合意を目的とした話し合いにおける最大の目的が何か気付くことのできる機会でした。

 

会議のお知らせ

昨日2月1日に、ついに強化会議の参加者募集が始まりました!!

強化会議は今いる旧メンの能力を新メンが入ってくる前に強化する目的で行われる会議です。

今年の強化会議はディレク(会議監督)の要望で四ツ谷研究会所属メンバーのみという縛りがあり、他研からの参加者は募っておりませんが、見学者はどしどし募集中でございます!

3月2日に上智大学での1stミート(第1回会合)を行い、3月4日~5日にオリンピックセンターで2nd・3rdミート(第2回・第3回会合)を行う予定です。

見学したいという方はぜひいらしてくださいね。

 

また、参加者募集開始と同時に強化会議の議題も合わせて発表されました。

気になる議題は、Tackling illicit trafficking in wildlife(野生生物の違法取引への取り組み)”です!

地球の環境を壊していくのは環境破壊だけではありません。

野生生物の違法取引、それに伴う密猟はまだまだ多く、その被害者である動物たちは刻々とその数を減らしています。

このまま密猟が続けば、そのうち絶滅するだろうとも言われています。特定の種が絶滅することによる影響はその地域の生態系にまで及びます。

かつてないレベルで進められる乱獲によって蝕まれていく持続可能な発展と奪われていく無数の命と地球の未来、それらを守るために私たちにいったい何ができるのか? 私たちはいったい何をすべきなのか?

野生生物の違法取引が起きる背景に焦点を合わせ、乱獲をストップさせるための会議になります。

 

フロント陣の構成は、ディレク(会議監督):35期研究中澤さん、チェア(議長):34期研究伊藤先輩、セク(秘書官):34期三役山口先輩になっています。

下の画像はディレクの中澤さんが作成されたものです。

35期による初めての会議が近くなってきました。とても楽しみです!

 

記事の下部にTwitterにあげた写真ですが、第3回勉強会の様子の写真を載せています。

(※写真の悪用はおやめください)

 

2017/02/02 広報


《来週の活動》

来週の活動(2/9)は予定通り行われます。