模擬国連とは?

模擬国連とは参加者が各国の大使となり、国連の会議を中心とした国際会議をシュミレーションするサークルです。参加者は担当国の国益を設定し、政策立案を行い、会議内で政策を通すべく戦略的に行動します。

 

実際の国際会議で話し合われている問題を各国の立場から考えることによって、国際問題の難しさを理解すると同時に、その解決策を模索する活動です。

1923年にハーバード大学で始まったこの活動は、今や世界60カ国以上に広まりました。
日本では、北海道から沖縄まで、多くの学生が模擬国連に関わっています。関東には研究会が5つあり、そのうちの1つが四ツ谷研究会です。