四ッ谷研究会37期会長 石川 真理子

皆さん、こんにちは。日本模擬国連四ツ谷研究会のホームページをご覧いただきありがとうございます。上智大学法学部法律学科2年、四ツ谷研究会37期会長の石川真理子です。

四ツ谷研究会(通称:よつけん)は元国連難民高等弁務官で、上智大学名誉教授の緒方貞子氏のもと発足し、今年で38年目を迎える歴史ある研究会です。上智大学を中心に、明治大学、国際基督教大学、法政大学、明治学院大学、立教大学などの学生とともに、毎週木曜日に活動を行っています。普段の活動では、会議に向けて、国際問題や国際法などへの理解を深める勉強会を開き、研究会会議を年8回開催しています。

模擬国連とは、一人一人が一国の大使として、国連総会をはじめとした国際会議の場で議論をする活動です。会議では、国際問題や国際法、各国の知識のみならず、交渉力やスピーチ力、議論の流れを読む力、論理的に考察する力など、様々なものが得られます。また、四ツ谷研究会の会議では、各国大使のスピーチや、作成する文書に英語を使用することを特徴としています。そのため会議に出ることで、英語力の向上を図ることもできます。培った英語力をもとに、研究会の会議のみならず、海外大会に参加する会員もいます。このように、会議を通して、様々な力を身につけ、活かすことができる、それが模擬国連の魅力だと思います。

ここまで聞くと、一見ハードルの高い活動のように思えるかもしれません。しかし、様々な機会を通して、会員全員で切磋琢磨しながら成長できる環境が四ツ谷研究会には整っています。さらに、四ツ谷研究会は、会議のみならず企画も重視しています。夏には海合宿、冬はスキー旅行、ハロウィンなど様々な企画を通して、会員同士の絆を深める機会もたくさんあります。年間の活動を通して、充実した大学生活を送ることができると思います。

少しでも模擬国連に興味を持たれた方、大学生活で新たなチャレンジをしてみたい方、更なる成長の機会を求めている方、ぜひ、四ツ谷研究会で新たな世界を切り開いてみませんか。四ツ谷研究会会員一同、心よりお待ちしております!

四ツ谷研究会37期副会長 水野 萌子

みなさん、こんにちは!上智大学法学部国際関係法学科2年、四ツ谷研究会副会長の水野萌子と申します。

 この度は四ツ谷研究会のHPをご覧いただき、ありがとうございます。何かのご縁があってこのHPを見てくださっているみなさんに、模擬国連と四ツ谷研究会の魅力をお伝えします。


突然ですが、みなさんは模擬国連についてどのぐらいご存知でしょうか?初めて聞いた、何も知らない、という方も多いのではないかと思います。私が模擬国連に初めて出会ったのは中学生の時、実際に参加してみたのは高校2年生の時でした。しかし、模擬国連の本当の魅力に触れ、楽しむことができたのは大学でこの活動を始めてからだと思います。私の思う模擬国連の魅力、それは正しい答えは1つとして無く、自分なりに模索していくところだと思います。全く同じ議題で、同じ国の大使をしても、人によって会議での行動は異なり、最終的な結果も異なります。正しい答えが無い中、リサーチや交渉を重ね、自分なりに道を切り開いていくことは難しく、迷うこともあります。しかしその中で、自分自身と向き合い、自分についてより深く知ることで、自分だけの行動、自分にしかできないことを見つけることができるのです。

 

こうした活動を通じて私が実際に道を切り開いている場所が、四ツ谷研究会です。ここからは、四ツ谷研究会の魅力についてお伝えしていきます。私は四ツ谷研究会、通称よつけんが大好きで、とても魅力的だと思っています。様々な魅力の1つに、どのような人でも受け入れる環境が整っている、ということがあります。四ツ谷研究会には、様々な大学・学部から、多種多様なバックグラウンドを持った人が集まっています。海外経験があり英語が得意な人、英語は苦手だけれども世界情勢の知識が深い人、ただ純粋に模擬国連に惹かれた人や、大学では今までと違ったことに挑戦しようと思った人。経験や知識、興味、模擬国連への考え方もみな異なっています。私たちは互いにその違いを認め合い、尊敬し、刺激しあっています。四ツ谷研究会では、各個人の個性を尊重し、自分の道を貫くことができるのです。


まずは難しく考えず、一度私たちの元へ足を運んでみてください。きっと刺激的で、楽しい世界があなたのことを待っています。研究会一同、みなさんに会えることを心からお待ちしております!


四ツ谷研究会37期副会長 大山 惟安

皆さん、こんにちは!

模擬国連四ツ谷研究会、副会長の大山惟安と申します。上智大学法学部国際関係法学科に在籍しています。

このホームページをご覧になってるあなたは、模擬国連をどのように思っていますか?「模擬国連って何?」という方もいるでしょう。

私は模擬国連の魅力のひとつに、「多様性」があると思います。模擬国連を一言で表すと、「一国の大使として、国際会議をシミュレーションする活動」です。しかし、この定義はあくまでも私個人の考え方に過ぎません。一人一人が異なる「模擬国連像」を持っていると思います。つまり、模擬国連の捉え方は人それぞれだという事です。会議で扱った国際問題をより深く知ろうとする人もいれば、色々な人との交流を楽しむ人もいます。

多様性は決して活動だけに留まりません。模擬国連に携わっている人も実に様々です。四ツ谷研究会にも、様々なバックグラウンドを持っている人がいます。大学は高校までと比べ多種多様な人々が集まりやすい場ですが、模擬国連のコミュニティでは特徴的です。

こうした「多様性」は会議でより際立ちます。価値観の異なるメンバーが同じルール、同じ場で様々な駆け引きをするからこそ、個人の考え方の違いがはっきりと表れるのです。違いがあることで、会議での議論や交渉に対するアプローチは幅広いものになります。色々な人が参加しているからこそ、会議は自分自分が成長する機会になるのです。

そうは言っても、「英語なんか喋れないし…」「ニュースも見てないのに、国際問題なんて知るわけないじゃん!」そのような方もいると思います。しかし、全員が最初から英語の能力や国際問題の知識が豊富な訳ではありません。私達も始めは手探りの状態で会議に臨みました。最初はみんな同じなのです。

様々な人との出会いの場として、同期と切磋琢磨する場として、そして自分自身を成長させる場として。模擬国連をどのように活用するかは皆さん次第です。あなただけの楽しみ方があるはずです。模擬国連の楽しみ方を、私たちと一緒に探してみませんか?研究会一同、心よりお待ちしております!